にしおかクリニック ニュースレター Vol. 32「熱中症予防について」

2019年6月29日

みなさん、こんにちは。今年は例年よりも早く猛暑を感じるような気候ですね。
夏休みのご予定はもう立てられてますでしょうか?

今回のレターでは暑い夏を楽しく過ごすために「熱中症予防について触れたいと思います。

imgvol32.png暑い日や湿度が高い日も増え ているので、室内にいても熱中 症になってしまうこともあります。 ですので、炎天下で過ごす方も そうでない方も無理は禁物です。

中でも糖尿病患者さんにおきま しては、特に熱中症になりやすい と言われていますのでご注意ください。

暑さのあまりスポーツドリンクや炭酸飲料などで水分補給をされていると仰る患者さんもいらっしゃいますが実は糖分が過剰摂取になり高血糖状態になってしまう事があるので注意です。

高血糖状態になると血中の糖分が増えて、尿量が多くなり、喉が渇いて脱水症状になってきます。 そうなると更に飲みたくなるわけですが、それは悪循環になり、怖い時は救急搬送となってしまうこともあります。

喉が乾いたら、カロリー0のスポーツドリンクか麦茶などをお勧めします。
外出が必要で汗をどうしてもかく方は微糖の飲み物を選ぶようにしてください。

また、エコ節電という言葉が普及していて、暑くてもエアコンをつけることを我慢されている方もいらっしゃると思います。しかし倒れてしまっては元も子もないので、上手に活用して体調管理をしてみてください。

皆様に 満足いただける医療を提供出来るように、日々、このように情報発信を心掛けていきたいと思います。

気になる症状がある際は、いつでもご相談ください。

今後ともスタッフ一同、にしおかクリニックをよろしくお願いします。